月次アーカイブ: 2月 2016

学生時代はお金が無くて、自動販売機で、ジュースを買うのも我慢していていつも水筒に麦茶を入れてバックに入れていました。

また学生時代のお昼ご飯の時間もみんなは買い弁や学食などでしたが、私は弁当を毎日持参していました。

どうしてそんなにお金が無かったかと言うと、私は余り勉強が得意ではなかったので、お金が凄く掛かる私立高校に通っていたのです。

ですが周りの人達は裕福な子が多くて中には高級な腕時計や超高級ブランド財布を学校に持ってくる子もいました。私の財布はキャラクター財布で中学生くらいの子が持つ物でした。

でも今現在考えてみれば、その私立高校に通うお金があったのは一般家庭より少し裕福だったのかも知れません。

ですが、友達との付き合いや友達の誕生日プレゼント代などにお金が沢山いるので、私はお金を短期間で手に入れる為に春休み限定の短期の工場バイトをする事に決めました。

実はそこの工場には友達が働いてお金が凄く貰えるから紹介してあげると言われていたのです。

私は春休みに入ると直ぐにその工場で働き始めました。朝の9時から6時まででお昼の休憩が1時間で時給が1000円で私は二週間その工場で働きましたが、時給1000円と高額なだけあって流れ作業で手を止める暇がないくらい忙しい仕事でした。

多分高校生だから体力があってできましたが、今では絶対できない様な厳しく過酷な仕事でした。そして私は過酷なバイトで体重が44キロになってしまって背も高いのでガリガリになったのです。

だから短期間で大金を手に入れたので凄く嬉しかったのですが、そのお金の使い道は友達の誕生日プレゼント代に殆ど消えてしまったのです。

私が高校生の頃は高校の1クラスが58人で13クラスあったので、高校にも友達が沢山いましたし、中学校もマンモス中学校だったので友達が沢山いたのです。

なので多くの友達に誕生日プレゼントをあげたら短期間の工場のバイトで手に入れたお金は全部使い果たしてしまったのです。

ですが、誕生日プレゼントを沢山の友達にあげた分だけ自分も沢山貰ったので、芸能人の誕生日プレゼント祝いみたいで幸せな気分でした。

結局、学生時代はお金が無かったので、友達とお金の掛からない公園や自分の部屋ばかりで遊んでいたし、常にカバンの中に入れていた麦茶入りの水筒が今では凄く懐かしい思い出になっています。

大学時代はアルバイトをしていたのですが、アルバイトをしているだけではお金が足りなかったですね。高校生時代よりもダントツにお金が必要なことが多くなりましたから。

例えば、飲み会代や旅行代など。遊びで使うことがすごく多かったですね。

アルバイト代だけで足りなかったのでどうしようか悩んだ結果、学生ローンに手を出してしまいました。

学生ローンを利用している友人は意外といましたよ。しかもこの時代って悪びれてないというか、恥ずかしそうにもせずに普通に利用していました。

高田馬場とかにあるマルイやキャンパスといった学生ローンを利用している人が多かったです。

でも、僕はこういった小さめのローン会社から借りるのはちょっと怖かったというのがあったので、学生専用のローンではなく20歳以上でアルバイトをしていたら利用できる大手のローン会社を利用しましたよ。

こちらのサイトに詳しく書かれています。→http://xn--o9jo09aya8b6567b9vvb.com/

このような大手のローン会社で借りた方が断然安心して利用することができます。アコムやプロミスって誰でも知っているような会社ですからね。

こういうところを利用して、アルバイトをして返済しながら上手にやりくりしていったという感じです。